「NPO・快適な住まいを考える会」 工場見学
堺市で活動中の「NPO・快適な住まいを考える会」。
勉強会の一つとして、吉野を選ばれ、20名ほどで来社されました。

手入れをしている山の状態を見てから、500年と言われている吉野林業の賜物、しょうゆ樽を
今も使っています、「梅谷醸造元」を見学。何故吉野杉を使った物から酒やしょうゆ又は味噌の樽を作り使っていくのか、コチラを見学頂ければ答えを導けると思います。
見学できるコチラの店はいつもとても綺麗にされています。

その後、吉野工場へ。食事をした後、1時から、工場案内。乾燥状態にある木々達、又は養生出荷待ちの木々達をじっくり見ていただきました。
加工場では、それらから部位を取り出し、寸法をきっちりするため、製材後にモルダーと言われる機械式電気カンナで仕上げた様を見学頂きました。

モルダー機で加工された 床板(35mm)も手に取り関心もって居られました。
コウヤマキの壁板にも関心があるようで、トイレ・脱衣場に使いたいとの声も聞きました。

五條工場に場所を移し、天然乾燥材を中心に案内。 長材(6Mから10M)のボリュームに関心よりも驚いて居ったようです。
テーブルに使う板材もたくさんあるので、お客様を案内し、工場で選ぶことも可能と理解頂けました。
これまで工務店・設計事務所に訪問し、訴え続けていたことが形になってきているので嬉しく思っています。
最後は北村林業・北村又左衞門さんより出材された直径1m20cmの木々の前で記念撮影。皆さんここで写真を撮られます。270年生きて来た木は オーラが出ているのでしょう。
「NPO・快適な住まいを考える会」 工場見学_c0124828_1052496.jpg

「NPO・快適な住まいを考える会」 工場見学_c0124828_1054071.jpg

# by sakaguchi147 | 2008-03-03 10:11
エコ建築考房 M様邸見学会
愛知県一宮市で住まいづくりを展開されています、エコ建築考房
3月1日・2日は完成見学会です。

私と、丸紅ランバープレカット工場山本さんとで、伺ってきました。『体に優しい素材をつかって、住まい手が望む家作りがしたい』 社長の考えの元、社員が一丸となって取り組む様を感じました。

予算をどう配分するか。素材にこだわった分、少し小さい面積にする。使い勝手の良いように、綿密に設計図面での打ち合わせをされたようです。
安らかな住まい。一宮市にも誕生です。
エコ建築考房 M様邸見学会_c0124828_958897.jpg

エコ建築考房 M様邸見学会_c0124828_9582060.jpg

エコ建築考房 M様邸見学会_c0124828_9583085.jpg

# by sakaguchi147 | 2008-03-02 10:03 | イベント
一宮市千秋町での見学会
愛知県一宮市で活躍中の 元気印工務店エコ建築考房
一宮市千秋町にて完成見学会を行います。

当社の杉材(構造材・下地材など) 丸紅プレカット工場での加工の住まいであり、セルロースファイバーや幻の漆喰(商品名)などがキーワードの建物です。

土曜日は私も参加しております。是非、お越しください。
詳しくは エコ建築考房HP 中段付近の案内をご覧ください。
024.gif
# by sakaguchi147 | 2008-02-29 13:15 | イベント
屋根垂木
建築家・奥野浩徳設計工房・奥野浩徳先生より早速、問い合わせを頂きました。先日の垂木をブログで見てくださっての問い合わせです。
製作した、垂木セットを持参して、大阪・堺に。

T及びLの上に、断熱材を置くだけでなく、上からの施工を出来るようにもう少し考えるよう指摘頂きました。現場では大工が上を見ながら天井を貼るのも苦労の一つだそうです。それは施工能率が遅いことに加え、転落の危険性がある点。

改良を加えてT・L垂木を使った使いやすく美しい 木の住まい提案を薦めていこうと思います。

PS
当社訪問時、村松篤先生矢田義典先生も関心を持ってくれています。皆さんの思いを聞かせて頂きながらより良い商品を造っていこうと思います。どんどん来社時に見てください。
049.gif003.gif
# by sakaguchi147 | 2008-02-28 10:58 | 日記
名古屋から来社
建築予定のMA様と共に名古屋で設計事務所をされています矢田義典設計室:矢田先生が当社、吉野及び五條工場にお越し頂きました。

吉野では天気が良かったのですが、途中鈴鹿あたりで雪に見舞われ、帰ることも検討されたとの事。コチラの状況を話すると『なんとか行ってみよう』ということになり、総勢5名で無事到着。

事務所で、図面を見ながら今回の建物の形状・規模・木組みを話し合い、木をどのように見せていくかを打ち合わせ。様の希望もお聞きし、吉野工場の案内を行いました。

広大な土地にじっくり養生させながら、出荷されるそのときを待つ木々。その様子をご覧頂きました。表面がグレーに変色している杉材も1mm削るとピンクの色が出てきます。そんな様子も見て頂けました。

食事を終え、さらに多量の材積の養生出荷待ち材のある五條工場へ。構造材だけでなく内装材、床材、テーブルやカウンターに使われる幅広材。吉野界隈で取れる広葉樹まで案内し、カヤの椅子とモミのテーブルのある事務所にて再度打ち合わせ。
模型を見せていただきながら、図面と照らし合わせながら、たった今見てきた木を使って建築している様子を創造しながらの打ち合わせは実に楽しいひとときでした。
参加した3歳のお子様も興奮気味の様子。

購入された土地には条件が付いています。『伝統工法で建築すること』。今までそんな条件は聴いたことが無くビックリです。それがあって、矢田先生との出会いがあり、当社との接点が出来たようです。条件に感謝・感謝。
旦那様は、薪ストーブと木のお風呂だけは譲れないようでして、薪の調達の心配を何度か話されていました。最初の一年目は、現場で使った余り材を薪にして持つと思います。
二年目以降はお分けいたします旨を伝えると安心されていました。
奈良に来る機会が増えそうです。そのようにおっしゃっていました。
名古屋から来社_c0124828_26311.jpg

名古屋から来社_c0124828_261840.jpg

名古屋から来社_c0124828_26409.jpg

名古屋から来社_c0124828_27377.jpg

名古屋から来社_c0124828_271494.jpg

五條工場での打ち合わせの様子
# by sakaguchi147 | 2008-02-25 23:15 | 工場見学