<   2009年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
運転免許の更新
5年間、更新しなくても良いゴールド免許保持者でした。それで、5年ぶりの運転免許センターへ行ってきました。
交通ルールの本など4冊ほど頂き、その中で一部、抜粋し講義を受けました。

そこで感じたことです。

高齢者マーク いわゆる もみじマークを街中でよく見かけるようになりました。H19 6月の改正時、75歳以上の高齢者が運転する時は、高齢者マークを表示しなければならないとされたようです。
これに反対を訴えた方が居られます。タクシードライバーの高齢の方がその一人です。もみじマークはつけなければならない。しかし、消費者からすると年寄りの運転は避けたいと思う人もいる。押し問答がずいぶんあったと聞きます。訴えた声が大きかったのでしょう。

H21 4月の改正で70から75未満の方同様、努力義務とされたようです。(H21 4 24施行)

訴える声が大きければ、法も改正してもらえると。木について置き換えてみます。保険などの影響で、完全乾燥材を扱わねばならなくなってきています。高温乾燥・中・低音温乾燥・自然(天然)乾燥の乾燥方法がありますが、天然乾燥では対応できなくなる可能性もあります。
これまでの家づくりは天然乾燥が主でした。悪しき商品も市場が受け入れていましたので、乾燥材でないといけないことになってきているのだと思います。
高温乾燥の不具合もあります。また天然乾燥で含水率が落ちきらないものがあるのも確かです。どちらも一長一短があるのです。
勿論、天然乾燥といいながら天然乾燥中の材料を市場に出してはいけません。乾燥材を出荷することが当然としての提案です。
含水率20にこだわらず受け入れ態勢を検討頂きたいと思っています。

先ほど書いた、高温乾燥における内部割れの問題では、コミセンを打ったところの引抜をすると予期せぬところでちぎれる事も聞きました。(映像で見せていただきました)また、どうしてもあの臭いが耐え切れません。
自然が全ていいとは申しませんが、ある程度安定して出荷できる体制の工場からのものは受け入れながらのスタンスで進めないのでしょうか。
スタンダードが2つあっても良いと思います。
そうでなければ、木の家づくり、25年以上前に現代計画さんが構築した民家型工法の家づくりやそれから発展している木の家づくりが退化してしまうそう感じています。

設計者・施工者・専門業者(製材所や材木店)が声を上げて行きさえすれば、認められると思います。
もみじマークから学んだ事です。
by sakaguchi147 | 2009-08-31 00:13 | 日記
ギミックデザインさんより
c0124828_024113.jpg

ひとときNETメンバーのギミックデザインさんのT様邸において、中間見学会(構造見学会よりすこし完成に近づいた見学会)を行ないます。

吉野の天然乾燥材を使用しています。色艶を是非御覧下さい。

9月5日() 6日()の両日、行ないます。

参加ご希望の方は、ギミックデザインさんに
お問い合わせ下さい。私も参加します。
http://gimmic-d.com/image/2009.09.kengakukai.pdf
by sakaguchi147 | 2009-08-30 23:14 | 見学会
福井県より来社
c0124828_10514135.jpg

c0124828_10515425.jpg


福井県で、設計業務・施行業務をされている設計者・工務店さんが見学に御越しになりました。
限られた時間の中、吉野・五條の両工場を案内いたしました。

リクエストで天然乾燥材及び構造材ということでしたので、吉野も五條への案内も致しました。

聞いてはおられたようですが、本当に多くの材を所有していることに、感心されていたようです。
納期に間に合わせるには、この方法しかないことをお伝えしました。

精一杯出荷させていただいても、今現状では100棟しか出荷できません。超えた分に関してはお待ち頂かねばなりません。
待っていただかなくても良いように増産していきますが、お待ちいただくこともあるかもしれません。

ご理解頂いた方々とお付き合いできること、嬉しく思っています。
ご縁ありましたら、宜しくお願いいたします。
by sakaguchi147 | 2009-08-29 10:52 | 現場視察
格子材
c0124828_9262665.jpg

c0124828_9264372.jpg

c0124828_9265549.jpg

外部の格子ってかっこいいと思います。
木が規則正しく並び、また、設計者・施工者によってピッチ(幅)も大きさも様々。

今回の格子材 大きさは90x75 75x60の二種類です。

大きい部材です。外部ということで赤身を多く使っています。
脂分があって、しっとりした製品に仕上がりました。
引き付けてくれる・見張る格子になってくれたら嬉しく思います。

この材の納入先は、昨日も案内の浪芳庵 みたらしとろとろ。是非 お立ち寄り下さい。
女性に人気があるようで、私の妻も食したことがあったようです。
by sakaguchi147 | 2009-08-28 09:28 | 日記
刻み
c0124828_9124668.jpg

c0124828_9125888.jpg

浪芳庵という みたらしで有名なお菓子屋さんのお仕事を頂きました。
アプローチの刻みを、高山工務店さんにお願いしました。設計はキューブプランニングさんです。

刻み場所は、阪口製材所・五條工場です。

設計の善浪先生との打ち合わせ後、大工さん二人で刻みかけています。3日・4日刻むのでしょうか。来週明けには納材。9月中頃には完成していることでしょう。
c0124828_913862.jpg
c0124828_9132094.jpg

by sakaguchi147 | 2009-08-27 09:02 | 工場での作業
吉野の杜 2009 打ち合わせ
c0124828_22223214.jpg

c0124828_22234536.jpg

2009年度 吉野の杜 バスツアーの打ち合わせを弊社 五條工場で全社参加にて行ないました。

日程は11月8日(日)  時間は10時橿原神宮前 集合です。

今回は、ここ何年か山に行っていないので 山行きを取り入れています。
また、これまでのアンケートからもリクエストのあった現場・リフォームや新築 を見せて欲しいにお応えして、住宅見学(リフォーム現場)も取り入れます。

吉野工場でゆっくりして頂くため、本年は五條工場見学はありません。

あくまで慌ただしくないツアーを計画しています。

参加申し込みは、弊社ホームページ 問い合わせからお願いします。
by sakaguchi147 | 2009-08-26 22:24 | イベント
かぼちゃ束
c0124828_21374680.jpg
c0124828_21381031.jpg

写真の材はケヤキです。
かぼちゃ束・蕪束(かぶらつか)を製作。
来月、建築する建物に使うために出荷しました。

かぼちゃ束とは こちら
 
以前 久安典之建築研究所 久安先生より 蚯蚓庵(みみずあん)の時にもかぼちゃ束の注文を頂いたことを思い出します。

2物件ともかぼちゃ束使用。蚯蚓庵を入れてこれで3棟目です。
by sakaguchi147 | 2009-08-25 23:50 | アイテム
谷中の家 プロジェクト 現場授業①
c0124828_23393100.jpg

c0124828_23391987.jpg

c0124828_23393364.jpg

c0124828_2340734.jpg

c0124828_23401734.jpg
c0124828_23403837.jpg
c0124828_23405176.jpg
c0124828_2341239.jpg
c0124828_23411769.jpg
c0124828_23412772.jpg
c0124828_23413966.jpg
c0124828_2341486.jpg
c0124828_2342032.jpg

東京都台東区 谷中にて進んでおりますプロジェクト。設計は安井昇先生、施行 吉川の鯰
(よしかわのなまず)です。

設計者・工務店をお呼びして、現場の授業と銘打って見学会+勉強会を行ないました。
講師は安井さんは勿論のこと、素材提供者として私・レングス(Jパネル) オグラ(広葉樹)がそれぞれ時間を頂き発表の時を頂きました。

阪口製材所としては、一棟丸ごとの提案に絞っての話となりました。大きい木も小さい木も適材適所で使えば 無理なく使いきれる。そのためには設計者だけでなく、工務店にも理解して頂く部分があることをお伝えしました。
木取りの説明をし、最終 割り箸・紙の原料まで生産し使い切る。この姿勢をどのように感じていただいたかは分かりませんが、懇親会で 吉野へ行きたいとの声を多く聞いたこと 嬉しく思っています。

材料についての品質 化粧部分の程度 赤身の多い材。これらが新鮮だったようで、関心を持たれていた様に思います。
熱心に聴いてくださいました。有難うございました。
また、このような機会を持ってくださった安井先生・吉川の鯰 岸本さん  住まい手の鈴木さん、本当に有難うございました。
by sakaguchi147 | 2009-08-24 23:43 | 住まいの勉強会
泉佐野の家の見学会  建築工房en
c0124828_23551494.jpg

c0124828_23552714.jpg

c0124828_2356628.jpg

c0124828_23562825.jpg

c0124828_23564029.jpg

c0124828_23565556.jpg


本日、泉佐野の家の完成見学会を行ないました。
建築工房enの西浦さんの設計です。住まい手のMさんが吉野へ何度かお越しになり
吉野杉の家が進んでいきました。

工場見学、我が家のリフォーム見学会を経て、仕様も決まっていきました。

玄関の赤身・無節の杉は、参考が我が家です。
また、TV台の両脇の収納 前扉は 山桜ですがこちらも我が家のキッチンで採用したものが
Mさんにとって印象に残ってるようです。

2Fの木製建具 90KG近い扉ですが、枠を消しています。こうした細かい配慮が
出来る設計者です。

工務店でありながら、デザインにも力を注ぐ。住まい手は120%喜んでおられます。
23日も10時から17時までの見学会開催です。
当日 阪口製材所に聞いたと申してくだされば、見学していただける様に伝えておりますので、
是非 お出かけ下さい。
by sakaguchi147 | 2009-08-23 00:01 | 見学会
泉佐野の家  建築工房en
c0124828_131547.jpg

c0124828_1312116.jpg

c0124828_1313635.jpg

c0124828_132347.jpg

c0124828_1321739.jpg

8/22.23に泉佐野において完成見学会を行ないます。
設計・施行は建築工房enさん。本日は、見学会前の打ち合わせ・プレ見学会です。
業者さんがたくさん入り、明日に向け慌しい中、伺いました。

建築工房enさんは自社物件だけでなく、設計事務所の案件も経験されている工務店です。

ここは、大工さんがとても良い。設計事務所といいたいような図面を着実にカタチにしていく。このタッグ、良いものを創りだしていきます。
10時からの案内です。是非、足を運んでください。
私も当日、伺います。当日 連絡先090-4902-4595 阪口
by sakaguchi147 | 2009-08-22 01:33 | 現場視察