<   2009年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
長押の製材
c0124828_2363633.jpg

建築中の淡路の家。上棟も終え、大工さんが奮闘中です。
先日、内装材の追加注文を頂きました。フローリング・窓枠材・鴨居・敷居など。その中に長押(なげし)も含まれておりました。
幅の広い柾目の通った材料で仕上げます。写真は修正挽きのものです。映りは少々悪いですが、柾目の21cmの杉材です。

週末には配達いたします。もうしばらくお待ち下さい。
by sakaguchi147 | 2009-03-31 22:24 | 工場での作業
神奈川よりのお客様・K様
c0124828_5491537.jpg

昨年、見積もりを頂き、着工に向け進んでおられますK様が、当社へ見学に御越し頂きました。色艶の良い・年輪のしっかりした(年輪幅が詰まっている)材料を探しておられ、阪口へHITしたようです。

吉野工場で、事前打ち合わせ後案内。場所を移して五條工場への案内。姿勢と在庫量をを見て頂きました。蓄積された材料を見られ、安心頂いたようです。木を見て出荷先から直接買える事の出来ることを喜んでおられ、建築される住まいを想像しながらの工場見学だったと思います。
c0124828_551681.jpg

可能であれば、次回は住まい手様と、工場見学に御越し下さい。お待ちしております。
by sakaguchi147 | 2009-03-30 23:36 | 工場見学
框を選びに
大阪より御越しになられました、T様。見学会を通じて当社に興味を持っていただいたようです。
本日は、只今施工中の物件でお使いになる 少し曲がった框材の選択をされに来てくださいました。
水目サクラの丸太タイコも面白い形で提案事項でしたが、トガサワラの框に決定です。

見ていただいて出荷する。一品一品違うものですから、可能な限り見ていただくことをお勧めします。昨年は住まい手が御越しになりカウンターテーブルを出荷したことも有ります。組み入れたら使い続ける材料です。一歩製材所へ踏み入れてください。

本日は、出すことが出来なかったので、写真はありません。後日UPします。
by sakaguchi147 | 2009-03-29 22:04 | 工場見学
手刻みの住まい
c0124828_1552679.jpg

4月 上棟に向けて刻んでいます。五條工場では、刻み小屋として使っていただく環境にしております。
木を現しで使う、さらに刻みのある現場にしたい。しかしながら場所に困っておられます方のために使っていただく用意をしております。
c0124828_1554761.jpg

c0124828_1565052.jpg

昨年も、このようにさせていただき、刻みの現場をつくりました。その家は見学会も行なったのですが大変好評でした。材料だけでなく、場所も用意できるその様な製材所です。大工刻みにこだわられる住まい手さんがおられる際はお問い合わせ下さい。

また、刻みだけでなくプレカット工場の案内もさせていただいております。木材料は阪口を使いたいのだけれど、刻める場所や大工さんに不安がある方は、コチラの案内で対応させていただきます。
by sakaguchi147 | 2009-03-27 15:07 | 工場での作業
雪景色
レングスさんの勉強会帰りに雪に見舞われました。

田中さんの運転で安心はしていますが、(元トラック運ちゃん)雪景色でノーマルのタイヤだったので・・・。滑るくらいまで雪は積もっていませんでした。
写真は道横の風景です。
c0124828_15215783.jpg

c0124828_15223540.jpg

c0124828_1522469.jpg

by sakaguchi147 | 2009-03-26 15:18 | 日記
レングス・Jパネルの勉強会
ヤマトタテルのメンバーであるレングスさん。使い易い材料のJパネル、コチラを製作・販売されています。
Jパネルを壁に落とし込んで壁倍率を2.5確保していましたが、昨年の実験の結果、3.5倍にグレードアップする運びとなりました。

また、「長期優良住宅普及促進法」国土交通省所管において
 「平成20年度(第2回)超長期住宅先導的モデル事業」に、
 『杉三層パネル(Jパネル)を使った 地域材民家の普及事業
 (提案代表者:有限会社エムズ建築設計事務所)』

として採択されています。コチラ

そこで、地元鳥取において普及活動の一環としてセミナーが行なわれました。講師の先生は元MS建築設計事務所 田中貴之氏と桜設計集団 安井昇氏です。お二人はJパネルの耐火実験に力を注いでおられます。また、Jパネルを使った設計に積極的に取り組んでおられます。

ヤマトタテルとしても、このセミナーに参加することで、Jパネルのみならず各社の商品を改めて知って頂けるようにと向かいました。
c0124828_3424931.jpg

第一部のJパネルを使った設計の可能性ということで田中貴之氏の講義です。

c0124828_344553.jpg

c0124828_3441317.jpg

中間でヤマトタテルメンバーの空間工房 森本さん・サカモト 坂本君 新日本石油 井上さん
の商品説明をおこないました。
秋葉原での実演販売のような感じがしませんか?
c0124828_3535661.jpg

さて、第二部は Jパネルの防火性能を 安井昇氏による講義です。
木は燃えるから使っちゃだめじゃなく燃えるのであれば より多くの材積を使って燃えにくくすればいいと薦めておられます。
薪ストーブの焚きつけの木はすぐに燃えてしましますが、大きくカットされた薪は長く燃えています。
大きいものは表面が炭化していくので燃えにくくなっていきます。
そこで、数値化して木材の可能性を広げておられます。

木材は今後、もっともっと家づくりに必要アイテムとなってきます。
先進的な方々に講義を受け、木の普及について製材所の立場から先導できるように努めていきたいと考えています。
by sakaguchi147 | 2009-03-25 23:23 | イベント
淡路島のH様邸
淡路島へ行って来ました。ETCのおかげで、明石海峡大橋の通行料が1000円でした。
萩野設計工房の設計・船越工務店の施工で行なわれています『津名の家』を訪問。

写真では確認しておりましたが、無事 上棟をされ、ラス板を貼った様を見学しました。中間検査の際、検査員さんがおっしゃった、大壁にして隠してしまうのはもったいない、そのように思える赤身の材料でした。
決して特別のものを出荷しているのではなく、例えば化粧材として使えない物が納材されていると思います。しかし、強度・乾燥具合としては合格品しか出荷していません。

日曜だというのに大工さんが出てきてくれておりました。
造作材・羽柄材の注文に追われる来週になると思います。

c0124828_22395188.jpg
c0124828_2240539.jpg
c0124828_22401592.jpg
c0124828_22402642.jpg
c0124828_22403658.jpg

by sakaguchi147 | 2009-03-22 22:43 | 現場視察
香川での撮影
住宅建築6月号に掲載予定の仁尾の家。撮影を行っていただきました。
六車誠二建築設計事務所・設計で若杉活用軸組工法による吉野杉を使った住まい。カメラ担当はMs建築設計事務所・設計 中島工務店・施工 の御影の家でもお世話になりました 市川かおりさん。

天気が快晴でなく、光量が気になりましたが無事撮影を終えました。

若杉活用軸組工法の住まい。シンプルゆえ、素材の木が力を発揮します。
土壁とオリジナル杉のキッチン。どうしても六車誠二さん設計で家づくりをしたかったと聞きました。こんなに思いの詰まった住まい手と家づくりをしていく楽しさ。思いが入ります。

その家に吉野杉・阪口の構造材が使われています。素材の木も喜んでおられるようです。私も大変嬉しいです。
住宅建築6月号・楽しみにお待ち下さい。
c0124828_23143636.jpg
c0124828_23153570.jpg
c0124828_23171057.jpg

by sakaguchi147 | 2009-03-20 17:07 | 住宅建築
宮脇の家
六車誠二建築設計事務所・設計 六車工務店・施工による宮脇の家が、竣工近くになりました。
住まい手のN様には吉野・五條工場案内をして頂き、刻みから建て方、工事とこれまでたくさんの物語を作っての家づくりです。
竣工を迎え、その住まいを訪問致しました。
杉の木を使い、民家型工法の発展形で進化し続ける、その様を見学させていただきました。
障子紙は30年交換不要の紙を使用と聞いています。構造躯体の杉材同様、日光による日焼けを楽しみながらの住まいが始まろうとしています。
ご主人様は、大変喜んでおられ、、早速TVや洗濯機の搬入を行なわれているようです。

住まい手に大変喜ばれた家が、香川に誕生です。
c0124828_23195555.jpg
c0124828_23204736.jpg
c0124828_23212592.jpg
c0124828_23222254.jpg
c0124828_23223779.jpg

by sakaguchi147 | 2009-03-19 23:42 | 住宅建築
安全パトロール
安全パトロールが行なわれました。
北摂で活躍されていますKJワークスさんです。 建設現場での挨拶や近隣の清掃状況、予定表やイメージシートの設置。現場内の資材の整理整頓や大工道具の不備などをチェック。
回を重ねるごとに良くなっています。向上していく様に感心します。

今回のパトロールでの反省も含め、さらに向上し現場が綺麗になり、皆さんを案内できる環境を作っていこうと考えています。業者会の厳しい目でチェックが入ります。emoticon-0133-wait.gif

c0124828_546065.jpg

c0124828_5461869.jpg

写真はA市内で建築中のM様邸です。天然乾燥の吉野杉の家です。
c0124828_5452947.jpg

by sakaguchi147 | 2009-03-18 22:29 | 日記