<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧
薪ストーブの燃料
寒くなるこの時期、住まい手の方々にお歳暮として、Ms建築設計事務所 三澤さんより薪の注文がありました。
薪ストーブを導入され、炎を見ながら暖をとられる そんな姿を想像しながら、箱詰めの作業をしています。神戸市から市内に向かって順に配達していきます。途中 吹田市のMsさんも立ち寄り、来年度のカレンダーを手渡し致しました。

配達後の、ご苦労様の一言がとても嬉しいです。
c0124828_2331793.jpg

c0124828_23322494.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-30 22:19 | 日記
広島経済レポート
中工務店さんに、広島経済レポートが取材に来られました。
c0124828_21302616.jpg
c0124828_21303766.jpg

12月6日には、セルロースファイバーの実演見学が出来ます。
興味のある方は、お越し下さい。
by sakaguchi147 | 2008-11-27 21:32 | 掲載記事
木point へ視察
製材所の集まりで、岐阜県の木ポイントさんへ行ってきました。
名古屋の設計事務所 アトリエ祥 さんに聞いていたので、行ってみたい場所のひとつでした。
今回、製材組合から案内をいただき参加しました。13年前に設立された団体です。恵那という名古屋にも少し距離のある場所で、ここに工務店さんに来てもらって、持ち帰っていただく。基本的には現金取引。不渡りを受けたことがありません そんな力強い声を発しながら、写真中の金子さんはお話くださいました。

吉野という歴史のある林業地であれば、やり方しだいで、チャンスはある。形にしなくてはいけないと思いながら帰ってきました。

工務店・設計事務所と共存共栄していかねば、我々木材業者は残れません。意味を分かる方々と連携を組んで、荒波の時代を進んで行きます。
c0124828_23101127.jpg
c0124828_23102259.jpg
c0124828_2310315.jpg
c0124828_23104462.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-26 23:13 | 日記
N市内のU様邸 竣工内覧会
Ms建築設計事務所 設計 高山工務店 施工のU様邸の 竣工内覧会が行なわれました。ヤマトタテルの家仕様 第一号でありました。多くの専門業者の商品を スペックインしてくださって、工務も、ヤマトタテルの会員工務店 高山工務店が行ないました。

Ms設計の住まいは美しいと聞きます。見学者の中には、設計の勉強をされているMOKスクール生も何名かおられ、熱心に見入っておられました。

友人、広島の中工務店さん中和也さんも見学会に参加です。このように、見せて頂けるチャンスとあって、東京からもこられる方がおったようです。
外観・一部内観のU様邸をご覧下さい。
内装材・構造材・建具材共に 当社からの出荷です。
c0124828_2332462.jpg

c0124828_23325816.jpg

c0124828_2333157.jpg

c0124828_23332648.jpg

c0124828_23333754.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-25 23:40 | 見学会
香川県での見学会
日帰りで、香川県に行ってきました。
只今、刻み中の 金山の家の材料搬入です。

その後、以前建てられた住まいに、離れ(茶室)を新築されたので見学会をするとのことで、見せていただきました。こちらは、戸塚元雄さん設計・六車工務店さん施工の建物です。
完成見学会には 棟梁の六車俊介さんと親方の六車昭さん、そしてスタッフの4名が来られていました。

丁寧な仕事をされ、4畳半と2畳の部屋には炉が有ります。緊張する、おごそかな部屋を、障子を閉め感じさせていただきました。
外部の写真のみの掲載とさせてください。この緊張感は写真に収める事ができなかったものですから・・・。
c0124828_23442061.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-24 23:31 | 見学会
宮内建築の見学会
TVで放映された、情熱大陸に出演の大工宮内氏が建てられた京町の家の完成見学会に行ってきました。

弱齢木を活用するため、4寸角のみを使って家を完成させたのには意味がありました。戦後の木が、全国にあふれています。使えないと考える山主は、合板メーカーに売ってしまいます。食い止めなければ、日本の山が禿げになると考えての思いも有るようです。
内部を見せていただきましたが、確かにこの工法なら山にある多くの木を使えます。この工法を習って、木を多く使った家づくりが確立されることを望みます。安価で気持ち良い空間を提供できれば、国産材の家づくり・自然素材の家づくりを叫ばなくても自然とそうなっていきます。

今一度、山の状況をじっくり考えましょう。宮内さんがこの工法を何故考え出したかということを考えてください。環境のことがテーマです。
この建物を建てさせてくださった施主様に感謝を致します。
c0124828_23292899.jpg

c0124828_23293958.jpg
c0124828_23295043.jpg
c0124828_2330436.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-22 22:42 | 見学会
ヤマトタテル会議 0811
今月も、新大阪においてヤマトタテルの会議を行ないました。
24日奈良市内にて行なわれます。ヤマトタテルの家 第一号 Ms建築設計事務所設計 高山工務店施工の完成内覧会準備について確認いたしました。

締め切りましたが、75名を超える 見学があり、ヤマトタテルの商材も数多く使用され、見せ場のある住まいとなりました。我々も伺わせていただきます。木や素材についての質問に丁寧にお答えします。お越し下さい。

続いての議題では、このブログ内でもお知らせしておりますが、スローハウス2についてです。進行状況についてタフの吉田さんのほうから報告があり、関西勢を残して、他の地域が固まってきたとの事です。
コボットオスモ阪口製材所が組んでいけるパートナーを選択し、工務店・設計事務所にとって打って出るそんな本を出版します。
単なるカタログでなく、本作りを25年されている吉田さんが参加応援してくれますので、とても心強いです。私もさらに動きます。
この本が、本年度 の大きな動きの一つとなります。来春発売予定。ご期待下さい。

また、Ms建築設計事務所が 国土交通省の超長期先導モデル事業に選ばれました。全体で180億円・最大200万円までの補助を受けれます。ここで、ヤマトタテルの家がどんどん契約されることを望みます。
おめでとうございました。
c0124828_9541432.jpg
c0124828_9542495.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-21 09:59 | 日記
電磁波対策のその後
先日、空間工房の森本さんに 風呂天井の珪藻土塗りPCを扱う部屋及び寝室の電磁波対策をお願いしました。
電磁波は目に見えるものではないので、対策しないよりした方が良いという 自分の思いで行っていただきました。実際、朝 気分良く起きることが出来ますし、PCをしている場合においても環境が良くなったと思います。

事務所PCのディスプレイをブラウン管から液晶のものに交換しました。これは、森本さんに聞き実行したのです。ブラウン管のサイコロテレビだといくらアースをとっても除去しきれないそうです。手っ取り早くこの際、19インチの液晶ディスプレイを購入。価格も20000円程度とお得になってきています。

VAIOの17インチ ブラウン管サイコロTVも最後の登場です。
c0124828_19282389.jpg

c0124828_19284222.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-19 19:29 | アイテム
建築家と創ろう! INディリパ
昨年に引き続き、今年もディリパにて建築家7名による、住まいの写真と模型展が行なわれています。場所は、吹田市万博公園内 大阪ガスショールーム です。吉野の杜でお世話になっています、萩野設計工房 主宰 萩野さんの呼びかけで、当社からは材料で協賛させていただきました。

イベント会場内にある 木の小屋は 吉野杉を使ったものです。その部材を使って、東大阪の高山工務店さんは、小屋を完成させてくれました。また、アンケートにお答えの 住まい手予備軍の方々にはサイコロペン立てまたは、写真立て兼用ペン置きをプレゼントしています。

本日、会場内を見に、吹田まで行ってまいりました。平日であったため、お客様は少ないように思いましたが、週末に向け、各社それぞれが気合の入ったパネルや模型を見て、昨年以上に気合が入っていると確信しました。思いが詰まってイベントを行なうことが大切です。住まいを提供されるプロフェッショナルとして、アドバイスをお願いします。

23日まで相談会も兼ねて行なっていますイベントです。お立ち寄り下さい。キッズコーナー(吉野杉小屋・積み木)も用意しお待ちしております。19日 水 のみお休みです。時間は10時から17時となっております。
c0124828_2334307.jpg
c0124828_23344396.jpg
c0124828_2335116.jpg
c0124828_23351763.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-18 23:40 | イベント
天竜 TSD へ見学
11月はMOKスクールのフィールドツアーで天竜TSDに行きます。朝8時に大阪駅に集合。
行ってきました。

天候が悪くなりそうとのことで、2日目予定であった 伐採を繰り上げ、初日に行ないました。山に入る前に、TSDの皆さん・奥様方が食事の準備をしてくださいました。山の中で食する魚や、ご飯・しいたけ等、とても美味しいでした。有難うございました。

さて食事の後、山での管理の様子・道具の説明をしていただきました。その後いつもされている与作ツアーのように、我々スクール生にもチェーンソーを触られていただき、木を伐らせてくださいました。音を立て、木が倒れていく姿に スクール生の幾人かは切ない思いをされたと感想を述べられていました。しかし、考え方を変えれば、これから木が、製品となり 息を吹き込まれるのだとの思いを伝えますと、納得されておったように思います。


夕食のつぶ食 いしもとでの五穀料理、鹿の鍋を食べながら、意見交換や懇親会を夜遅くまで話し合いました。
天竜TSDさんは『新月伐採』で皆さん周知されていると思います。同じ製材所の中で集団で頑張っておられるTSDの皆さんの団結に関心いたしました。

学生時代のように、雑魚寝で布団に包まって寒さをしのぎながら寝ました。特に冷え込んだのかとても寒く感じました。泊まりのしらかば荘前で記念撮影をした後、黒田哲朗氏 設計の光が丘中学校 体育館(木造)を見学しました。ここでの素晴らしさは、地元の木を使って町を活性させようとする姿勢です。
コンクリートでの体育館。それも良いでしょう。しかしバックにある天竜の杉材を先ず第一に考えて設計依頼する姿勢に、感心した次第です。
地元の木の製造者が力を持たねば、町は良くなりません。そこを吉野でももっと理解して欲しいと思いました。

さて、新月材センターの見学です。伐採された木が、こちらでも製材されています。小口にはラベルを貼り付けてあります。ラベルを貼ることで管理されているとのことです。山主の榊原さんが『やろう』と声を上げ、実践していく 中心の人・会社であるからこそ引っ張っていけるのだと思います。大変な苦労もありそうですが、管理しやすい環境を作られたこと、凄いと思います。

その新月材センターに供給している榊原さんの本社の見学です。昼食を、事務所のログハウス内でとらせて頂きました。昼食をしながら、新月材のシロアリがよって来ないという講義を受けました。解明はされていませんが、関係はありそうな感じです。

貯木場では、中目の木を中心に集材されていました。井桁に組み、丸太のまま乾燥するといった試みもされておりました。
ここで、天竜ツアーは終わりです。
管理された木を 世に出していく 考えでは同じ志を持った仲間です。お互い切磋琢磨し、進化し続けるよう、当社もさらに頑張ろうと思います。
c0124828_1192675.jpg
c0124828_1195247.jpg
c0124828_1110568.jpg
c0124828_11101895.jpg
c0124828_11102959.jpg
c0124828_11104767.jpg
c0124828_1111297.jpg
c0124828_1111106.jpg
c0124828_11112681.jpg
c0124828_11113846.jpg
c0124828_11115338.jpg
c0124828_1112565.jpg

by sakaguchi147 | 2008-11-17 11:12 | 日記