<   2008年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧
板倉構法 構造見学会 IN名古屋・三重
建築設計事務所3社が、構造見学会をします。案内を頂きました。
名古屋市 名東区梅森坂では11月1日(土)に東海林建築設計事務所
名古屋市 天白区八幡山では2日(日)は矢田義典設計室
三重郡 朝日町小向では9日(日)にたかはし設計

見学会参加で詳しくは東海林建築設計事務所にお問い合わせ下さい。当社社長も参加いたします。是非、お越し下さい。
c0124828_0104895.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-31 00:15 | 見学会
下見の家 構造見学会 IN 東広島
東広島で 展開しております 吉野杉の家
第3弾の構造見学会を行ないます。

日時は11月1日()2日()3日(月・)です。
時間は午前10時から午後4時となっております。

私も参加いたします。是非、お越し下さい。
c0124828_7485311.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-29 07:42 | 見学会
市辺の家 見学会 IN 近江
CMA で活躍中の滋賀県にある設計事務所 テクノワーク 鋒山先生。
H様邸の完成見学会を行ないます。
日時は 11月2日 3日 時間は午前10時から午後4時です。

行ってみたい方は連絡お待ちしております。
c0124828_7411319.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-28 07:33 | 見学会
第五回木の建築賞 奈良にて
奈良女子大学において木の建築フォラム・第五回木の建築賞が行なわれました。

吉野の製材所連合体の五社で冠賞を作りました。吉野材賞です。
ヤマトタテルの会でも冠賞を作りました。山と建てる賞です。

製材所グループでは永井製材所・坂本商店・坂本林業・吉野中央木材・当社の5社の参加です。

ヤマトタテルの会からは㈱ムラモト ㈱タフ 新日本石油㈱ 協同組合レングス ㈲インターテック ㈲空間工房 日本オスモ㈱で、コボット㈱ 当社阪口の9社の参加です。

少し展示ブースを頂き、本のほうにも掲載頂きました。

内容は1次審査を合格した、14作品・活動を10分間隔で一つずつプレゼンテーションします。思いの詰まった作品・活動を理解してもらい、その結果で賞を受けるそのような大会です。

トヨダヤスシ設計事務所の豊田さんは、当社から出荷した西七条の町家で発表です。
D様邸でお世話になっています森林文化アカデミーの辻さんも、三重JIAでお世話になっておりますshu建築設計事務所 中西さんも発表されておりました。

全作品・活動を終え、プレゼンした方々と審査員の方々交えての討論会をします。審査員の方には建築家・林業家・出版編集者の方がおられます。鋭い質問に緊張しました。

発表会の後、懇親会が催され、審査員の方と出会える機会がありました。板倉造りの安藤邦廣先生や土や素材を大切に設計される泉幸甫先生とも話しできる機会を持ちました。元気のある製材所に期待をされている、そんな事をおっしゃっていました。
元気のある製材所に吉野から発信していきたいと思います。
c0124828_12294863.jpg

c0124828_12301063.jpg

c0124828_12314580.jpg

c0124828_1232813.jpg

c0124828_123255100.jpg

c0124828_12331466.jpg

c0124828_12334546.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-27 12:36
エルマクリーンで電磁波対策
空間工房・森本さんには幾つもの顔がある。珪藻土の森本・電磁波対策の森本・ウールブレスの森本・・・・・。空間工房だから、住空間の提案者だからいいものを伝える、そんな森本さんが素敵に思えます。

珪藻土塗りの後、電磁波対策を依頼しました。今、ヤマトタテルの会でブームとなっています。順番待ちの状態で、今回は私がしていただけることになりました。

安全の目安として 一般的な電化製品 2mG以下(磁場) 25V/m以下(電場)と聞いております。パソコンがあったり、コピー・FAXがあったりすると300V/m(電場)を超える数値になります。
先日の対策場所 コボットさんの事務所においては700V/m(電場)を超えていたそうです。

今回使用のエルマクリーンはパソコン・家庭ゲーム機用の電場防止器です。以前紹介のオールアース住宅の本に纏(まつ)わる内容を実践しました。

自宅のPC室の数値です。
キーボード 210V/m ⇒ 1.5V/m
ディスプレー600V/m ⇒ 0.5V/m
机(木製)  480V/m ⇒ 8.7V/m
床(ナラ・木)260V/m ⇒ 43 V/m
プリンター 140V/m  ⇒ 5.7V/m

隣のベッドルームの数値は、
ベビーベッド 111V/m ⇒ 13.7V/m
ベッド      90V/m ⇒  5.4V/m
床(杉・木)  130V/m ⇒ 19.8V/m

この対策にエルマクリーン1個 スパンボンドといわれる電磁波防止シート 7mを使用しました。熱い思いの森本さんの言う事です。施工してもらって間違いないと思います。
お越しの際は、見学いただける様に公開しますよ。事前に連絡下さい。

c0124828_11405536.jpg
 
by sakaguchi147 | 2008-10-25 05:22 | リフォーム
風呂の天井に珪藻土!?
ヤマトタテルの会メンバーの空間工房 森本さんに吉野へお越し頂きました。理由は、我が家のお風呂の天井に珪藻土・エコクイーンを塗っていただく為です。

ヤマトタテルの会議で集まったときなどに、各々の専門業者の扱い商品などについて話し合います。その際、風呂の天井に珪藻土を塗るという奇抜な発想を楽しく話されることで、興味を持ちました。素人的質問で『カビない?』と聞くと、『分解してくれるので大丈夫。自分の家でも試しているから』そんな答えが返ってきました。
森本さんは、会社の車の中に(トヨタ・ハイエース)珪藻土を塗りこむ・珪藻土LOVEの方です。珪藻土を愛する人に、自邸を塗って頂いて、嬉しく思っています。

施工前の少しカビの生えた天井をアルコールで拭いて前処理し、バスリブに塗っていただいた写真を投稿します。
c0124828_1183434.jpg

c0124828_1185776.jpg

c0124828_1191712.jpg

c0124828_1193069.jpg

c0124828_1194549.jpg

c0124828_1195737.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-24 22:53 | リフォーム
吉野の杜 2008 バスツアーの下見 
第10回目を迎えます、恒例の行事、吉野の杜バスツアー。
奈良・吉野の歴史や自然を感じていただくツアーとなっております。

本年は、橿原市にある歴史の町並 今井町の見学をし、建築の歴史をテーマにしました。
そして今日の下見です。メンバーの仲間も 楽しみにしていたので、今回の下見は10名で行ないました。
私もそうですが、皆さん カメラを片手に、熱心に見入っておりました。

約一時間の予定にしております。必ず行かねばならない場所を選定し、ツアー当日混乱無い様にタイムスケジュールを組んでおります。

一足お先に チラッと案内いたします。
31日まで参加を募集しております。当社の方まで連絡お待ちしております。
c0124828_9152644.jpg

c0124828_9153839.jpg

c0124828_9155357.jpg

c0124828_9161235.jpg
c0124828_9165218.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-22 23:56 | イベント
やまとびとVOL.35
奈良県を中心に、大阪でも手に入れることの出来るフリーペーパー やまとびと
フリーペーパーとは思えない、良く出来た冊子です。
最近は人気から、JR関係にもおいており、東京・横浜・静岡まで拡大しております。

その やまとびとに 吉野の杜バスツアーの参加募集 をお願いいたしました。
奈良・吉野の歴史や自然を感じるツアーとなっております。テーブル板や木製品の販売も計画しております。

橿原市にある歴史のある町並、今井町の見学も予定しております。
昨年参加できなかった人は、お早い目にご参加下さい。
c0124828_927470.jpg

c0124828_9271836.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-20 09:20 | イベント
Sパネルを使っての建具製作
五條市で建具屋を営んでいる、五鈴建具さんに伺ってきました。
以前、注文しておいた建具を見せていただくことが理由です。Sパネルを使った建具を、今後提案するために、注文しました。中央の鏡板がSパネルです。厚みは15mm。

内部の部屋で使用しているかを伝えるための小窓(3cmX80cm)をつくり、そこにはアクリルを入れ込んでいます。
ログハウスに似合うような建具になりました。
これから、これを使って、注文に結び付けていこうと思います。リーズナブルな建具になると思います。取り付けたらまたレポートします。
c0124828_0235474.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-19 00:24 | リフォーム
JASの講習会
大阪の西区にある木材会館でJASの講習会がありました。規格が新しくなるとの事で、勉強を兼ねての参加です。
当社は、JAS認定工場になっていて、4名の有資格者がいます。

来年から始まる、あんしん保障に、JAS製品以外は受け付けないと言われてしまうと、全国の多くの製材所は廃業しなければならなくなります。
幸い、一気には進まない旨の話を、講師の先生からお聞きしましたが、どうなっていくか心配事でもあります。
含水計・グレーディングマシーン・乾燥施設・製材機・小型製材機(テーブル)などをいざというときの為に対策していますが・・・。

今日の講義で、天然乾燥はJAS製品になりえないという方向を、非常に不満ですが確認しました。また、内部割れがあって、しかも木が本来持っている樹脂分が残らなくても、高温乾燥に向かうという方向性も理解しましたが、釈然としない思いもあります。⇒こういう方向が何年か経って大きな問題にならなければ良いと思いますが・・・・。

反省すべきは慣れにまかせて、いい加減な商品作りをし、提供してきた業界に問題があったと思います。
自分たちの都合の良いことばかりを考えてきた ツケ が今になってまわってきたように感じました。
JAS製品ではありませんが、JAS製品以上のものづくり、天然乾燥の意味を伝え、強度と色艶、住まい手の味方となる構造材で勝負したいと思います。
天然乾燥は難しいと聞きます。天然乾燥といっても2年、3年さえ置けば乾くし、それが本当の天然乾燥ですが、3ヶ月や6ヶ月で天然乾燥と言うので、基準が無いのです。

しっかり乾かした、人によいものを作っているという本当の意味を正しく理解さえして頂ければ残っていくべき材と思います。
そして、当社が伝えていかなければならない、責任があるとさえと感じています。

c0124828_22483569.jpg

c0124828_22485621.jpg

c0124828_22491629.jpg

c0124828_22494355.jpg

c0124828_2250222.jpg

by sakaguchi147 | 2008-10-17 22:32 | 日記