<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧
健康住宅勉強会IN五條市西吉野
木材に特化した家づくりを提唱する、南大和住宅事業協同組合。週末の10月4日土曜5日日曜にイベントを開催します。
内容は、健康住宅について素材を扱う製材所のセミナーがメインです。木材製品のしゃもじ・ターナー・風呂桶・木のハガキ・の展示販売も行ないます。パネル展示・住宅のリノベーション、新築に関する相談も受け付けます。
また、田舎暮らしを前提とした住まいの一例もお見せいたします。

来場者には、特製まな板のプレゼントも用意しています。週末は西吉野コミュニティーセンターへお越し下さい。
c0124828_2392330.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-30 23:11 | イベント
甲府へ納材
山梨県へ納品です。甲府で工務店をされています小澤建築工房さんから吉野杉構造材の注文を頂きました。

小澤社長が目利きとなり、吉野・阪口へ問い合わせ下さいました。こちらでは、多くを手刻みで建築をされています。4面カンナをかけた材料を先日搬入。満載の荷物を出荷しました。追加で、今回の納材品を注文頂き、先日の材の評価も頂きたいと思い、行って来た次第です。

吉野だから全て良い材だとは思っていません。適材適所で使って頂く。見栄えの悪い材は隠して使ってもらう。強度の出ない材は下地材として使用してもらう。一本の木を全て使いきってもらうことが大切だとお伝えしました。
すると、社長からは分かっている旨の回答。適材適所のことも理解済みでした。

山梨の木で50年程で大木になっているものがあるそうです。テーブルにしたら良いと考え製材後乾燥工程。乾燥してくると、バルサのように桐のように軽い木が出来たそうです。年輪は重みに関係します。そのことを分かっての例え話だったと理解しました。

社長も歴史のある山の木に見せられた一人のようです。吉野杉指定で使っていただけました。吉野からもっともっと発信していかねばなりません。さらに頑張ろうと思います。
(写真は小澤建築工房さんの事務所です)
c0124828_16254718.jpg

c0124828_1626298.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-26 16:26 | 住宅建築
きんてつの家 見学会IN五條
先日お伝えしておりました、近鉄不動産販売・きんてつの家見学会が本日行なわれました。コースに 五條工場が入っております。
まず福神駅にある花吉野ガーデンヒルズ モデルルーム(当社材料提供)があり、そちらを見学された後、五條工場へお越しになられました。

誰の為に家づくりをしているかというと、施主様のためにであることを説明し、ロスはあるけれどもきちんとした製品作りに力を注いでいる様子を見学頂き説明致しました。

来られた皆さんは熱心に聞き入っておりました。事務所内での乾燥材サンプルを見られ、天然のよさも理解頂きました。
作っている現場をこうしてみて頂く事はとても大切に思います。
どんどん来ていただきたいと思います。そして勉強してください。ご案内させていただきますので。
c0124828_22273798.jpg

c0124828_2227519.jpg

c0124828_2228420.jpg

c0124828_2228167.jpg

c0124828_22283260.jpg

c0124828_2228455.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-21 22:29 | 工場見学
N様来社(中村英人設計事務所)
大阪府T市より、N様3名、中村英人建築設計事務所・所長中村先生、梅原工務店・梅原さんの5名が五條工場へお越し頂きました。

24日に上棟が決まっており、ただいまプレカットでの材料刻みも終わり出荷待ちの状態です。本日のスケジュールは内部で使われるカウンター材や洗面台ベットルームの棚などを工場内で選ばれるという内容。
希望の材種として、トチ及び栗材で伺っていました。
写真のように、予定どおり栗材メインできちんとトチも選択されました。杢の出たトチ、住まいに入る事を想像すると嬉しくなります。

木の良さを感じてくださったN様。来て頂いたことに感謝です。またお連れ頂いた中村さん、梅原さん。有難うございました。
c0124828_22462664.jpg

c0124828_22463928.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-20 22:51 | 工場見学
東海林(とうかいりん)建築設計事務所へ
本日は、木造住宅だけを設計される、木材界にとってこの上ない東海林(とうかいりん)建築設計事務所へ訪問です。
用件は、以前のブログでアンカーボルトが錆びる記事を見ました。
乾燥方法で差が出るとの事。ならば、香りの面でも違うことを強く住まい手に伝えて頂こうと思い、早速アイテムを用意して伺いました。
先生もアイテムを気に入っていただいた様子。
早速、ブログ更新されることでしょう。

さて、建築中のF様邸。手刻みも終わりに近づいています。川合棟梁及び阪口製材所の力のこもった、気持ちのこもった材料で今月27日建て方と成ります。

構造見学会を予定しています。是非、ご覧下さい。
by sakaguchi147 | 2008-09-18 23:42 | 日記
around 40
香川の六車誠二さん、滋賀の宮内寿和さん、安井昇さんの呼びかけで京都にアラフォーの大工・設計士・製材業・林業家など25名が全国から集まりました。

住宅建築の元編集長 植久哲男さんをオブサーバーに向かえました。25年前、出現した民家型工法によって皆が取り組んでいる木の家。それについて、それぞれが取り組んでいる事を発表。発表されたことについて討論を行なう時間を京都にて作ったというわけです。

全国にアツい仲間がいます。六車工務店は若杉活用をして戦後の木を使おうと、仕口を考えておられます。宮内大工は水中乾燥をして
、滋賀県の木にプレミアを付けようとしておられます。私は山の木を一本丸ごと使いきるために、一棟丸ごと土台から建具材まで使っていただける吉野杉の提案をしています。伝統文化を絶やさないため集まった皆が、各地で頑張っている様子を聞くことが出来ました。
埼玉や長崎からやってくる、そんな意気込みのある集まりです。今後のaround 40に注目下さい。かたちにします。
c0124828_1752733.jpg
 
c0124828_1754238.jpg

c0124828_175548.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-15 17:06 | 住まいの勉強会
近鉄の家 見学会の案内
夏に竣工しました、花吉野ガーデンヒルズ内にあります きんてつの家
平屋プラス1 伝統と先進の融合と題しまして 只今見学して頂けます。

来る2008 09 21にモデルルーム見学及び阪口製材所の見学会を行ないます。モデルルームに使用した木材料をみて、作り手を見てみようという企画です。

昨日もチラシにも入っています。ご確認頂けたらと思います。カウンター材などにも当社の思いのこもった材が入っています。
是非お越し下さい。

近鉄電車内にも掲載予定との事です。
c0124828_1044337.jpg

c0124828_10444849.jpg

c0124828_10474741.jpg

c0124828_10452631.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-13 10:46 | イベント
森羅万象匠塾 三重JIA
08 第五回例会が三重県津市で行なわれました。
その際、テーマを『子供と建築デザイン、まちづくり』として名古屋市立大学教授の鈴木賢一先生を講師に向かえ、講演を頂きました。
夏休みに行なわれた だがねランド という名古屋の子供のコミュニティーがあり、仕掛け人であるよう。
子供が自発的に働くそんな街を与えて、子供たちがどういった動きをするのか?いわゆるキッOニアみたいな事を、ダンボールタウンで実践された方みたいです。

詳しくは知りませんが、街の中で市長が立候補し、当選。そうすると公約した病院や問屋などの施設を建設するとの事。建設には事前に役所へ行き、確認申請も行なわなければなりません。
社会にとって有効な建物は補助金が交付されたりと、本格的なミニタウンです。

子供が、楽しみながら社会を知るという施設の説明でした。

子供が望む街に、名古屋市内で緑に囲まれ水の綺麗な所が圧倒的に多いと聞きました。大人は便利さを追求し、街づくりをしてきています。しかし、子供たちは意外と自然を楽しみたいと思うようです。今後の国の成長において、考えねばならないところに来ているように思います。遊びをして学んだ事。だがねランドを来年は、気にしてチェックするようにします。
c0124828_153534.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-11 22:26 | 日記
ボード貼り
屋根裏部屋の断熱材取り付け施工。野地板の下、垂木間にウールブレスを押し込みました。
その後、ボード(石膏)でウールが垂れるのを防ぎます。
両端は、杉の板で調整しながら抑えていきます。

見事、美しく涼しい(アツくない)屋根裏が出来ました。大工さんもウールブレスの良さに感心してました。
グラスウールのように、粉が出るけどかゆくない。ここが一番嬉しいようです。
c0124828_054390.jpg

c0124828_0541758.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-10 00:54 | 住まいのカスタム
断熱材 ウールブレス
注文したウールブレスがやってきました。
手配が早く、土曜注文で月曜着。段取りがいいです。

さて、早速施工です。大工さんが梱包を開け、施工し始めてくれてました。
素材そのものの重みで、垂れて来ます。相談した結果、化粧とはせず、無理に押し込まず垂木にボードを打って固定することとしました。
というのは詰め込んでしまうと100mmあるウールブレスが詰め込んだ厚み分の性能しか発揮しないという森本さんの助言によります。

施工前と施工中の写真。
たっぷり入っているのが分かって頂けるかと思います。
c0124828_2203776.jpg

c0124828_2212535.jpg

c0124828_2205290.jpg

by sakaguchi147 | 2008-09-08 22:01 | 住まいのカスタム