<   2008年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧
2室を1室にする改修工事 2
奈良県内で改修工事中のH様邸。辻田大工の頑張りもあり、フローリング張替えなど順次、工事が進んでおります。以前の記事

貼り終えた 壁板(ピーリング)及びSパネルを使った収納箱、押入れの内部に杉板材を張った状況をお見せします。

杉の香りをお伝え出来ないのが残念です040.gif
H様と同行し現場確認を行い、喜ばれる顔を見ました。とても嬉しい瞬間です。
c0124828_9435595.jpg

c0124828_944759.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-31 09:45 | 住宅建築
石油価格 高騰
またまた、ガソリンが騰がるとのことです。今月末時点で、写真のようにハイオク173円 レギュラー162円 軽油142円ですが、来月は10から12円ほど、石油各社が値上げを示唆しています。

天然乾燥に重きを置き乾燥させていますが、含水率をおっしゃる場合も有りますので、中・低温の乾燥機も設置・使用する場合も有ります。
化石燃料を使って乾燥させる場合において、今回の値上げは厳しいものだと思います。

昨日、来月より灯油が14円値上がりします旨の連絡が来ました。人工乾燥を行っている木材商の方々にとってはピンチだと思います。
とはいえ、天然乾燥に切り替えても、構造材で1年から2年近く乾燥させねば使えません。(乾燥しません)

材料価格にONしたいのですが、工務店・設計事務所・施主様も理解はしていただけますがON出来ない状況です。(受注が大変難しいようです)

国の方も対策をされているのでしょうが、どんどん騰がっていく石油価格。レギュラー200円になるのも時間の問題化と思われます。早期に対応をお願いします。

天然乾燥を行っている様子
c0124828_11483877.jpg


c0124828_11491582.jpg

c0124828_11495447.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-30 11:33 | 情報
名古屋生協にて
タフの吉田さんと先週末、打ち合わせをした内容の勉強会が行われました。環境を意識した住まい提案の一つとして、来られていた生協関係者・工務店も熱心に聴いていたようでした。

皆さん頂ける筈の資料も、満員のため数部足りず、私もいただけるはずの資料がありません。復習にと思っておりましたが残念です。

ともかく、思いを伝えていただいた吉田さんに感謝です。また熱心に聞き入ってくださった生協関係者並びに工務店さんもこれを機に建築と環境を融合させていただきたいと思います。
c0124828_239819.jpg

c0124828_2392198.jpg

c0124828_2393544.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-28 23:10 | 住まいの勉強会
地球のたまごへ
OM加盟工務店、コアー建築工房の業者会 こあー倶楽部。こちらで研修旅行で地球のたまご行きです。
OMソーラー協会の思いを結集して永田昌民氏を中心とし設計・建築された浜松にある建物です。加盟工務店の方から話しは聞いておりました。
本日、初めて訪問です。休日であったので、協会の多くの方はお休みのようでした。

協会に着き、スライドで説明を受け、施設の見学です。ここは地元である天竜杉を使った建物で、内部では、最先端の素材などを使った建物であることを、頂いたパンフレットなどで確認いたしました。
1年半をかけ設計し、約一年施工し出来上がった 地球のたまご。OMのシンボルです。
c0124828_22583452.jpg

c0124828_22585092.jpg

c0124828_2259432.jpg

c0124828_22591787.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-25 22:40 | 日記
名古屋出張
今週、名古屋生協での総会の際、勉強会の一つとして、タフの吉田さんの環境についての話があります。
本日は、事前打ち合わせでタフに行ってきました。

話の内容の一つとして、ある製材所の取り組みがあります。モデルが当社です。一本の木を使いきる、一棟丸ごと提案できる製材所という内容の話になるようです。
気取りについての一例、元玉、二番木、三番木・・の使い方を伝えてきました。

生協の話の後は、不安定な建築業界の話です。関西圏の落ち込みが激しく、何とかせねばなりません。ひとひとでは、住まい手に訴えるということで木・丸ごとを扱う製材所の姿勢を知っていただき、設計事務所・工務店に仕事がやってくる仕掛けの一つをやってみました。
今一度、仲間が力を合わせ戦うときがきたように思います。そんな話を永遠と吉田さんとしておりました。
本日は写真はありません。
029.gif
by sakaguchi147 | 2008-05-24 22:26 | 日記
宿泊の出来る展示場
徳島県にある中千木材。常務の千里さんには以前、材料を提案していただいた経緯があります。

以前から聞いておりました、展示場兼宿泊施設に泊めていただくことになりました。板倉の家づくり。うづくりされた材、圧蜜加工された材、サンダー仕上げの材をふんだんに使われた展示場。気持ち良い空間を造られておりました。
是非泊まってみてください。雰囲気だけUPします。

夏ごろには東海林設計事務所設計のF様矢田義典設計室設計のMA様と2棟を構造材、内装材阪口製材所・板材中千木材でのコラボで建築します。

ここに使われていた材で、ジョイントの仕事です。楽しみです。
c0124828_11775.jpg
 
c0124828_112257.jpg

c0124828_113831.jpg

c0124828_121511.jpg

在庫の板材のラミナー
by sakaguchi147 | 2008-05-23 23:43 | 日記
香川 六車工務店へ
材料納品で、海を越えてきました。香川県にある、六車工務店へ納材です。
明石海峡を超え、淡路島を走り、四国へ。

3月のもGWにも、四国へ行きました。縁があるのでしょうか四国が近く感じます。

刻み場所へ納品。現場では、六車親方自身が、材料引取りをしてくれました。吉野から運びました材を確認しつつ、丁寧な引き取り。材料を大切にされる親方だからこその心詰まった家づくりをされることを感じました。

加工場内を見学。弟子さんたちの活気ある工場を見させて頂きました。整理された工場内。気持ち良かったです。現場写真を激写。
c0124828_041226.jpg

c0124828_0411734.jpg

c0124828_0412747.jpg

c0124828_0414085.jpg

c0124828_0415410.jpg

c0124828_042522.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-22 23:26 | 住宅建築
名古屋からF様と東海林先生
以前より聞いておりました、名古屋市内で建築予定のF様がお越しになりました。
瀬戸の現場で初めてお会いして、東海林先生から近々吉野へ向かう旨の知らせを聞いておりました。

木を使った、住空間作り。東海林先生を選択されたのも、木造住宅しか建てませんという強い意志が引き付けたのだと思います。

吉野工場を案内し、昼食は柿の葉寿司のやっこ。昼からは目当ての曲がり材や丸太の桁を、F様と川合棟梁4名で熱心に選んでおられました。
桁は(ツガまたはトガ)になりそうです。もちろん日本の栂ですよ。
ぐっと曲がった檜の桁は決定です。大きさを採寸し、どの辺で切って住まいに組み込むか。机上ですこしづづ移動させながら決めていただけることでしょう。

F様の満足な顔が印象的でした。
c0124828_22485992.jpg

c0124828_22491039.jpg

c0124828_22493999.jpg


c0124828_22501564.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-20 22:54 | 工場見学
第13回今井町並み散歩 参加
奈良県橿原市にある今井町。東西600m南北310mの周囲に環濠土居を設けた城塞都市。こちらを保存会のみなさんがイベントとして町並み散歩を13年続けています。

堺市にあるNPO快適な住まいを考える会からの参加です。今井町は中世の室町時代から「陸の今井、海の堺」と、並び比べられるような豪商の町です。町全体が「伝統的建造物群保存地区」に指定されています。
今井町出身の茶人「今井宗久」が、秀吉や千利休などを連れて里帰りしてきたという説があり、そそれにちなんで茶行列を行います。

堺から参加の皆さんは竹之内街道を超え、40キロの道程を歩いて来られたようです。私は当日のみ参加でした。従いまして、元気だということで、旗持ちをしました。
開催式典ののち、太鼓でオープニングセレモニー。その後、法被を着たNPO快適な住まいを考える会も服装を着た茶人「今井宗久」が、秀吉や千利休などの後ろについて一時間弱、今井の町並みを練り歩きました。
歩いた後の一杯の珈琲、とても美味しくいただけました。

もしかしたら奈良TVに出ていたかもしれません。取材に来られてましたから。
c0124828_9541332.jpg

c0124828_9542629.jpg

c0124828_9543886.jpg

c0124828_956425.jpg

c0124828_9561891.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-19 10:03 | 日記
MOKスクール フィールドIN徳島
大阪で行われております、MOKスクール大阪
5月はフィールドツアーで徳島県のTSウッドハウスさんへの見学です。

8時に大阪駅集合、20名余りで出発しました。3時間ほどで展示場へ着き、写真中央の和田善行さんからTSの歴史・木についての講義を頂きました。25年前から、林業家の立場からすまい手に届けるシステム構築をなさった方で、MOKスクール大阪代表の三澤先生とタッグを組んで、木軸構造・芯持ち杉材を構造材に使うことに積極的に働きかけた様子を聞くことが出来ました。

その後、展示場の説明を受け協同組合の製材工場へ。製品及び板材のラミナーを見せていただきました。

まとめとして、関係者の皆さんがおっしゃっていたことに、高齢木が少なくなってきているということがありました。林業は一朝一夕では成し得ません。他の産地へ行って初めて知ることがあります。
私たち吉野は恵まれています。500年植林を続けてこられました。先人に感謝です。懐の深い吉野。先人が植えていただいた材をもっと街へアナウンスしていかねばと感じました。
c0124828_9304220.jpg

c0124828_9305359.jpg

c0124828_9311148.jpg

c0124828_9312514.jpg

by sakaguchi147 | 2008-05-17 22:16 | 工場見学