200年住宅についての講習会
匠の家開発事業協同組合が奈良県の土木部住宅課の講師を招いて、桜井市において講習会を催しました。
課長の松山 猛先生を向かえ、福田総理が提唱する長寿命住宅のススメを資料を持って説明に駆けつけてくれました。
本当のところ県内は建築物件が少なく元気がありません。
しかし、こうした講習会に参加しようといった志を持った人が多くいる場に私も参加させてもらい、元気を少し頂いたように思います。
大工育成塾大阪塾からは門元 稔様がお越し頂き、元気な工務店に大工を育てて欲しい旨の案内をされておりました。
お付き合いのある大阪の猪谷工務店も2期生の生徒を受け入れ、引き続き工務を続けておられます。こんな制度を活用しながら、可能であれば大工を育てる工務店が増えればと願っています。


若輩ながら司会を務めました。したがって、講師の方の写真でなく聞き入っている方の写真となっています。

総勢50名で会議室は一杯となりました。引き続き実りのある講習会が続けばと願っています。
c0124828_23111266.jpg

c0124828_23113567.jpg

by sakaguchi147 | 2008-03-26 23:24 | イベント
<< ATCで講演 新しい住まいの設計 掲載 >>