名古屋から来社
建築予定のMA様と共に名古屋で設計事務所をされています矢田義典設計室:矢田先生が当社、吉野及び五條工場にお越し頂きました。

吉野では天気が良かったのですが、途中鈴鹿あたりで雪に見舞われ、帰ることも検討されたとの事。コチラの状況を話すると『なんとか行ってみよう』ということになり、総勢5名で無事到着。

事務所で、図面を見ながら今回の建物の形状・規模・木組みを話し合い、木をどのように見せていくかを打ち合わせ。様の希望もお聞きし、吉野工場の案内を行いました。

広大な土地にじっくり養生させながら、出荷されるそのときを待つ木々。その様子をご覧頂きました。表面がグレーに変色している杉材も1mm削るとピンクの色が出てきます。そんな様子も見て頂けました。

食事を終え、さらに多量の材積の養生出荷待ち材のある五條工場へ。構造材だけでなく内装材、床材、テーブルやカウンターに使われる幅広材。吉野界隈で取れる広葉樹まで案内し、カヤの椅子とモミのテーブルのある事務所にて再度打ち合わせ。
模型を見せていただきながら、図面と照らし合わせながら、たった今見てきた木を使って建築している様子を創造しながらの打ち合わせは実に楽しいひとときでした。
参加した3歳のお子様も興奮気味の様子。

購入された土地には条件が付いています。『伝統工法で建築すること』。今までそんな条件は聴いたことが無くビックリです。それがあって、矢田先生との出会いがあり、当社との接点が出来たようです。条件に感謝・感謝。
旦那様は、薪ストーブと木のお風呂だけは譲れないようでして、薪の調達の心配を何度か話されていました。最初の一年目は、現場で使った余り材を薪にして持つと思います。
二年目以降はお分けいたします旨を伝えると安心されていました。
奈良に来る機会が増えそうです。そのようにおっしゃっていました。
c0124828_26311.jpg

c0124828_261840.jpg

c0124828_26409.jpg

c0124828_27377.jpg

c0124828_271494.jpg

五條工場での打ち合わせの様子
by sakaguchi147 | 2008-02-25 23:15 | 工場見学
<< 屋根垂木 建築家 永田昌民・堀部安嗣が語る >>