針葉樹合板を使って
外部との境目(雨戸部分)から風が入るのでどうにかなりませんかと 奥野先生に相談したら、針葉樹合板を使って壁に挟み込んだら良いよとアドバイスを受け、年末に作業をした。
で、風は納まっていた。ところが、15mmしか厚みが無く(施工上仕方ない)寒さが押し寄せてきたので、断熱材を合板の上に張ることを決行した。
25mmの断熱材である。

この断熱材、高山工務店見学会にて食事中、お尻に敷いていた物である。そのときの暖かかったこと。忘れることが出来ません。
そこで、それを分けて頂いて、貼ることに。木工用ボンドで簡単に貼れます。

確かに温くなった気がする。効果アリです。
c0124828_23195216.jpg

by sakaguchi147 | 2008-02-20 23:22 | 家での作業
<< 屋根垂木の提案 六万寺の家 完成見学会 開催 >>